結婚後、妊娠を考えるなら葉酸も要チェックです。

妊娠前後にとても必要とされている栄養素があります。それは葉酸です。

栄養素としては野菜などから摂取可能ですが、最近の日本における食卓事情ではかなり欧米に近づいており、食品からの摂取は気をつけていても中々思うようにできません。妊娠初期ともなれば精神的、肉体的にもしんどい日が多くなるので栄養を考えてしっかり食事をとることも一筋縄ではいきません。

ならどうするかというと、こんな時便利なのが葉酸サプリです。
できれば体調に合わせて葉酸だけでなく、貧血になりやすい妊婦さんは鉄分がプラスされているものを利用すると一石二鳥だと言えます。胎児の脳を作る時期で大切な葉酸は、いろんな企業がサプリとして販売しています。

果たして、現代においてこれらがどれほど実現可能かというと、ちょっと難しいと感じる方もいるかもしれません。毎日会社勤めでくたくたになって家に帰ってくると、それどころではないという方もいるでしょう。
参考:妊活サプリメントの人気ランキング

やはり大切なおなかの中の赤ちゃんのために飲むのですから、しっかり安心安全を考えたものでなくてはなりません。

例えば実際に飲んだ先輩ママが何人もモニターしていた商品だとか、赤ちゃんグッズやミルク、離乳食に強いメーカーが出したものなどは、しっかり安全面を考慮し開発されているので、安心して飲むことが出来ます。

動脈硬化予防につながる葉酸の力

葉酸と聞くと、妊娠中の女性が胎児の健康のために積極的に摂取する栄養素というイメージがあります。

最近では女性誌などでも葉酸サプリメントの紹介が積極的になされているので、「葉酸=女性に必要な栄養素」と考える人も多いかもしれません。
しかし、葉酸の健康効果が期待できるのは女性に限った話ではありません。

男性であっても葉酸の健康効果は十分に期待できます。
例えば、認知症の予防や動脈硬化の予防効果です。

近年の研究で、葉酸は動脈硬化を促進するある種のアミノ酸を無害化する働きがあることが発見されました。

また、葉酸と一緒にビタミンB12やビタミンB6を同時に摂取するとさらに効果が期待できる、ということも分かっています。
大きな病気を予防してくれる葉酸は毎日の食生活に欠かせません。

葉酸はどんな食品にどれくらいの量含まれているのか、ということはインターネットサイトなどを検索すれば一覧でまとめられたものが見つかります。

毎日のご飯を食べる時には、ぜひ一食に含まれる葉酸値とその健康効果を意識してみて下さい。

葉酸を知ったのは妊娠してからでした。

妊娠をしてすぐ、本屋で妊婦さんが読む雑誌を購入しました。

その中で、特集を組まれていたのが葉酸についてでした。初めて見る文字に、妊娠初期は葉酸を摂ることが大切ですとのうたい文句に、お勧めの葉酸サプリがいくつか紹介されていたので、薬局に行って実際見に行ったのを覚えています。

とにかく葉酸は妊娠初期に飲むと、胎児の脳に対してのリスクを減らす効果があるというように書かれていました。

葉酸をお母さんが摂ることによって赤ちゃんが守られるのであればやはり買わない手はありません。食物からも摂れるけれどサプリで効率良く摂るほうがストレスにもならないため、サプリを購入しました。10年経った今では葉酸を妊娠初期に摂るのはもはや当たり前になっており、海外では葉酸サプリは必ず摂るものとしている国もあるようです。

しかし、やはりどんな良いものでも摂りすぎは控えないといけないので、必ず用法用量を調べて発売元も確認することが大切です。

葉酸の危険性

「葉酸」という言葉を初めて聞いたは姉が妊娠した時で、わたしはよくあるビタミン剤のようなサプリメントだと思っていました。食品からは取りづらいとネットで見て、私自信妊娠したこともなく浅はかな知識でしたので姉の為にとたくさん買ってプレゼントしました。

しかし、友人の看護師にその話をしたら怒られてしまい、危険もあるのだと教えてもらいました。すぐに姉に電話してあまり摂取しないように伝えましたが、摂り過ぎなくてもダメ、摂りすぎてもだめとなるとあんなにも簡単にいろんな種類が出回ってるのに、果たしてその事を知っている妊婦さんってどれくらいいるのかと心配になります。

実際私の姉は葉酸の危険性について医師からはなにも聞いていないようでしたし、きっと好意でプレゼントとして妊婦さんに贈られる方も多いとおもうのですが…。友人の看護師の身近の方の実体験などを聞くと発達障害や喘息など深刻な事にもなりかねないようで、最近は高齢で出産する方も増えてきていますしもうちょっと葉酸について配慮があってもいいように思いました。

葉酸を体内に取り入れることで得られるメリットについて

葉酸とはビタミンB群の一つで主に妊婦初期に積極的に摂取しておきたいと言われている栄養素です。

妊婦初期に摂取しておきたいと言われている理由としては、葉酸がお腹の中の赤ちゃんを成長させるために必須な栄養素で、尚且つ赤ちゃんの成長が妊婦初期には特に著しくなるからです。

逆にこの妊婦初期に葉酸をあまり摂らないということになると胎児にも葉酸が不足してしまうことから細胞分裂がうまく行われず、無脳症や神経管閉鎖障害といった病気が起こりやすくなると言われています。

その他アミノ酸やタンパク質を合成させる働きや、皮膚・口内における粘膜の強化・動脈硬化の予防効果などが期待されます。

葉酸を多く含む食品としては主にえだまめ・あさつき・アスパラガス・オクラ・ブロッコリー・ほうれん草・春菊・アボガド・豚・牛・鶏の肝やうなぎ・生のウニ・イクラ・大豆製品・海藻類・果物類などがあります。

ちなみに1日の摂取量の目安としては成人で0.24mg、妊婦で0.44mg、授乳時で0.34mgだと言われています。